第30回 国際アカデミー in 熊本

第30回 国際アカデミー in 熊本
2017年 世界各国から次世代リーダーが熊本に集う1週間!

国際アカデミーとは

日本JCは、戦後、日本がサンフランシスコ講和条約にて国際復帰をする以前にJCIへの加盟を認められた経緯がございます。
国際社会復帰への御礼と恩返しとして、国際アカデミーの前身である「アジア青年の船」という事業を実施したことが国際アカデミーの起源です。
その後、1987年にアムステルダムにて公認プログラムとして、JCI(国際青年会議所)に認証を受け、以来、国際アカデミーとして、本年で記念すべき30回目を迎えます。

各NOM(国家青年会議所)の代表者が、日本人の精神性、日本JCの活動を理解することはもとより、国内外の参加者との相互理解を深め、人的ネットワークの構築することで、国際レベルで活躍できる指導者を育成し、現在では約3000名を超えるグローバルネットワーカー(国際アカデミー卒業生)を輩出しております。



国際アカデミーの目的

1. 世界各国から集まる若者同士、並びに日本JCのメンバーとの相互理解を深める
2. トレーニングの機会を与え、明日のグローバルリーダーを育てる
3. JCIをより良くし、全体的な発展に寄与する
4. 恒久的かつ永久の世界平和確立の実現に貢献する
国際アカデミーでは、決意と覚悟をもって未来への方向性を共有し世界平和の実現へ貢献できる次世代のリーダーを創出します。

熊本市民を初め、行政や教育関係者が世界のJCメンバーと交流する機会を提供することにより、国際交流を推進し、相互理解における繋がりの大切さを認識し、世界との友情を未来へつなげる意識を深めていきます。そして、民間外交、国際交流を通じて世界平和の実現へ導けるような事業を創りだします。参加者は、各国からの次年度会頭候補者70名と国内参加者90名で約160名が参加する事業です。