四月例会「現状からみえる課題」を開催いたしました

4月19日(水)19:00より国際交流会館にて四月例会「現状からみえる課題」を開催いたしました。熊本青年会議所の復興基本方針三本柱のひとつである仮設住宅に暮らし不自由されている方への支援を進めていくため、発災当初から現在に至るまで被災地に赴き復興支援活動を継続されております前原土武さん(もやいハウス代表)をパネリストとして迎えて、田中理事長と内田雄也君(熊本復興支援委員会)と共にパネルディスカッションを行いました。発災から1年が経ち変容する仮設住宅の現在の状況を知り、今後の復興支援活動の在り方に対する認識を共有することができました。また各委員会ごとに仮設住宅に対する今後の復興支援への課題、取り組みについてディスカッションを行い、内容を発表しました。

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA