第30回国際アカデミーin熊本を開催いたしました(7月6日分)

7月6日から13日の期間で第30回国際アカデミーin熊本を開催いたしました。

6日の昼からエクスカーションとして、世界各国から来熊した海外デリゲイツ(参加者)に、熊本が誇る観光資源としての熊本城を見学していただきました。当日は生憎の雨天でしたが、日本の歴史ある建築物のスケールを感じていただけたことと思います。

そしてリバーサイドホテル熊本に移動し、「草枕」国際俳句大会実行委員会副会長 西川盛雄さん(熊本大学名誉教授・国際俳句交流協会会員)に講演いただき、日本独自の文化である俳句の世界にふれ、日本特有の「侘び・寂び」の精神を感じていただきました。その後、熊本城などの熊本を題材とした俳句と自国を題材とした俳句を作ってもらい、日本の精神性に触れていただきました。

夜は熊本ホテルキャッスルにて夜の熊本城が見ながら、少女舞踊団「ザ・わらべ」の演舞や津軽三味線奏者 髙﨑裕士氏の演奏により日本(熊本)の文化に触れながら郷土料理を楽しんでいただくレセプションパーティを開催し懇親を深めました。

2017 JCI Academy in Kumamoto was held from July 6th to 13th.

As an excursion program on 6th , the delegates from all over the world had a bus tour around Kumamoto Castle which is one of the best Kumamoto’s sightseeing resources. Even it was raining, they must have felt the grandness of Japan’s historical architectures.

Then, delegates moved to Riverside Hotel Kumamoto, and had a lecture about Haiku. Emeritus Professor Morio Nishikawa, from Kumamoto University talked about Haiku. He is also an executive committee of International “Kusamakura” Haiku Competition. Delegates learned about Japanese specific poetry Haiku, and felt unique sense of “Wabi-Sabi.” Each of them composed 2 Haiku poetries about their countries and Kumamoto.

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA