「10月例会 大西熊本市長ローカルマニフェスト公開検証会」を開催しました。

2018年10月17日(水)18:00より、エルセルモ熊本にて大西熊本市長ローカルマニフェスト公開検証会を開催しました。

今年、大西市政は1期4年目を迎え、11月18日には熊本市長選挙が予定されています。

私たち熊本青年会議所は、これまで毎年12年にわたって熊本市長が市長選挙の際に掲げた「ローカルマニフェスト」を検証し、その検証結果を市民の皆様にご報告することを続けてきました。

13年目を迎える今年の公開検証会では熊本青年会議所が「総評」と致しまして、①大西市長が4年間の選挙で掲げた「ローカルマニフェスト」の中から特に「雇用創出」及び、これを目的とした「企業誘致」「まちづくり支援センター」を拠点とする「まちづくり」支援の2つをテーマとして取り上げ、検証報告と提言を行いました。

次に「討論」と致しまして、②幸山前市長をコーディネーターに、元佐賀県武雄市長の樋渡啓祐氏をコメンテーターとしてお迎えし、勿論、大西市長ご自身にもご出席いただいて、大西市長が4年前の選挙で掲げた「ローカルマニフェスト」が4年前の大西市政においてどこまで達成できたか?の検証を行い、それぞれの視点から市政についての質問や意見を交すことができました。

大西市長より、「4年前に皆様と約束したことがどうなったか?事後評価することはとても重要であり、良い機会となりました。」というお言葉をいただきました。

検証会にご参加いただきました皆様、またご協力いただきました皆様、誠にありがとうございました。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA