「7月例会・延岡JC共同事業〜これまでの歴史を振り返りその思いを未来へ繋げよう〜」を開催しました。

2018年7月14日(土)10:00より、市民会館シアーズホーム夢ホール大会議室にて7月例会を開催しました。

1部として九州中央自動車道の早期実現の為に2010年からスタートした延岡青年会議所との共同事業についてよく知らないメンバーのために、まずは活動の歴史を知っていただきたく、スタート時担当委員長であった熊本青年会議所第61代理事長 浅野芳幸 先輩に講演をしていただきました。当時の問題点や経験談を聞くことができ九州中央自動車道の必要性を学ぶことができました。

次に国土交通省 九州地方整備局 熊本河川国道事務所 調査第二課 課長 元水昭太 氏に九州中央自動車道工事の進捗状況をお話していただきました。

2部では新市街アーケードにて一般市民に道路の計画や現状を知っていただき、早期実現の賛同を得るために延岡青年会議所との共同事業として、署名活動及びブース出展を行い多くの市民の方々へ九州中央自動車道の認知へと繋げることが出来たことと思います。

今回、2部での署名活動の際、平成30年7月豪雨で被害に遭われた地域、方々への支援の一環として、募金活動を行わせていただきました。お預かりした支援金につきましては、熊本青年会議所のメンバーが直接、被災地の青年会議所に持っていき全額を被災地支援のために充てていただきます。(支援金を具体的にどちらにお渡ししたかは、熊本JCのHPでご報告させていただきます)

2年前の熊本地震では、全国各地の青年会議所より、発災翌日から物資を届けていただいたり、人的支援をいただくなど、多大なご支援をお受けしました。そのご恩をお返しできればと思っています。

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA