第25 回水環境会議~今後の熊本のために~へ参加致しました。

12月10日(土)に国土交通省 九州地方整備局 立野ダム工事事務所にて開催されました第25回水環境会議へ参加致しました。
熊本市は「水の都市」と言われるように水道水源の全てを地下水で賄う熊本市は人口50万人以上の都市としては日本唯一、世界でも稀少な都市となっています。また熊本市は、数多くの河川が存在しており、その河川による恩恵を気付かない内に数多く受けております。その反面、白川などによる河川の氾濫による水害を過去に幾度となく経験をしております。未曾有の天災が起きている今だからこそ、熊本の水環境の大切さを改めて認識するとともに、熊本の水環境の恩恵をいかに受け、弊害からいかに我が身をそして熊本を守るかということの知識を得る機会となりました。当日は熊本地震で大きな被害を受けた阿蘇立野地域の立野ダム建設予定地の現地調査も実施し、熊本地震の被害状況や、今後のダム建設の取り組みなども視察いたしました。
_dsc6991 dsc04838_dsc7016 _dsc7019 _dsc7028  _dsc7033 _dsc7037 _dsc7053 dsc04886 dsc04902 dsc04921 dsc05010

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA