「平成30年7月豪雨のための支援金募金について」

7月14日(土)開催の7月例会では、平成30年7月豪雨で被害に遭われた地域、方々への支援の一環として、募金活動を行わせていただきました。お預かりしたお金につきましては、下記の指針に基づき、必ず被災地支援に充てさせていただきます。

・支援金は、熊本青年会議所のメンバーが直接、被災地の青年会議所に持っていきます(現在、現地と連絡を取って人的支援の受入先を確認中であり、被災地にご迷惑を掛けずに支援を行えることが確認でき次第、向かう予定です)。
・全額を被災地支援のために充てていただきます(必要な物資を購入して被災者の方に渡すなど)。
・私たち自身のための費用(旅費その他)に使うことは、名目を問わず絶対にありません。
・支援金を具体的にどちらにお渡ししたかは、熊本JCのHPでご報告させていただきます。

支援金の募金活動に限らず、今後も被災地の状況や必要とされる支援について情報収集を行い、継続的な支援を行っていく予定です。
2年前の熊本地震では、全国各地の青年会議所より、発災翌日から物資を届けていただいたり、人的支援をいただくなど、多大なご支援をお受けしました。そのご恩をお返しできればと思っています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*