第30回国際アカデミーin熊本を開催いたしました(7月9日分)

2泊3日のホームステイを終え、9日(日)にはホームステイ先の家族との別れを惜しみながら、加藤神社にて執り行われた成功祈願祭に海外デリゲイツにご参加いただきました。

この日より全国より集まった国内の参加者93名と、海外参加者79名が初めて顔を合わせることとなります。

成功祈願を終え熊本ホテルキャッスルに移動した後、開講式、国際アカデミーの本編であるモジュールがスタートしました。

夜には国内外の参加者をお迎えするウェルカムパーティを開催し、オープニングアクトとして熊本の郷土芸能、菊陽武蔵剣豪太鼓による和太鼓の演奏を披露していただき、日本を代表する伝統文化を感じていただきました。また握り寿司、日本酒地酒コーナーや書道体験などのブースで、日本と熊本の文化に触れながら参加者同士の交流を深め、明日から本格的に始まる研修プログラムに備えていただきました。

After 2 nights 3 days home stay, delegates attended to Seiko-Kigan (a ceremony performed to pray for success) at the Kato Shrine on 9th. On this day domestic 93 delegates and international 79 delegates have finally met.

After the Seiko-Kigan, they moved to Hotel Castle Kumamoto again and had a JCI Academy Opening ceremony, and then Modules have started.

At night, we had a welcome party for domestic and international delegates. As an opening act, Japanese Drum performed by Kikuyo Musashi Kengo Daiko which is Kumamoto’s local performing art. There also were booths that they were able to try Sushi, Sake and Shodo experiences. Delegates communicated each other through Japanese and Kumamoto’s cultures, and were getting ready for the Academy programs

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA