「8月徒歩の旅決起例会〜one time one is 無限大〜」を開催しました。

2018年8月6日(月)19:00より、熊本市国際交流会館6・7F第ホールにて8月例会を開催しました。

8月9日~12日開催の「第11回 阿蘇→熊本 徒歩の旅」事業本番まで残り2日となり、熊本青年会議所メンバー、学生ボランティアスタッフにとって不安と楽しみもある中、事業を成功に導くため、決起を促すための例会を行いました。

パネルディスカッションでは、幾度と徒歩の旅を経験している三角理事長と、第10回の担当委員長であった藤原副理事長に、「4年ぶりに復活した経緯」「第10回阿蘇→熊本徒歩の旅を通して得られたこと」「徒歩の旅を経験されて感じた子供の変化」「徒歩の旅での注意点」「第11回阿蘇→熊本徒歩の旅を体験して徒歩の旅を通して頂きたいこと」をお話して頂きました。
三角理事長、藤原副理事長の貴重で熱いお話が聞け、たくさんの学びもあり、みんなの士気が高まったことと思われます。

更に、過去の徒歩の旅に参加された現在中学2年生から高校1年生までの3名のお子様に、「徒歩の旅に参加して良かったこと」や「徒歩の旅に参加して役に立っている事」などインタビューの映像を上映しました。

インタビュー映像を見た熊本青年会議所メンバーはとても大きく成長している子供の姿にとても感動をしていました。

最後に安全対策本部各セクション責任者の12名に一言づつ決起の言葉を頂き、締めに星野隊長によるチクサクコールをみんなで行いました。

今までにない大きな声と団結力で、熊本青年会議所メンバー・学生ボランティアスタッフは心を一つにすることが出来たことと思います。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA